谷口和則社長インタビュー

谷口和則社長のインタビュー(飲食業編)

ZIN-GIS環(TAMAKI) インフォタッチ1300導入事例の紹介

普通の焼肉店とは違うスタイルのお店を造りたかった

焼肉屋さんと聞いて現地に向かった。一見して「ここが焼肉屋さん?」そんなお店の外観にまずは驚かされる。店内に入れば、洒落た音楽が流れ、テーブルの焼きコンロがなければ到底焼肉屋さんに見えない。

「普通の焼肉店とは違うスタイルのお店を造りたかった」そう言うのは、焼肉&串焼きバーZIN-GIS環(TAMAKI)のオーナーである谷口和則氏。現在八王子店と小作店を展開中。
こだわりの和牛。
失礼ながら「焼肉屋さんに見えないですね」と聞いた。「普通焼肉屋さんだと、和風スタイルだったり木目調が多いでしょう。うちはバーラウンジもあります。ここで焼肉?そんなコンセプトで店づくりをしました。焼肉&串焼きバーとしていますから、焼肉を食べなくてもカウンターでお酒と串焼きということもできるしね。」

ご自身が仕事の接待で使っていた六本木のお店をモデルに、地元の八王子や小作にはないスタイルのお店で展開したと言います。「六本木のお店をモデルにしていますが、料理の価格はお安いですよ。地元の皆さんに美味しいものを安く召し上がっていただきたいですからね」谷口和則氏、肉の話に表情が変わる。「肉にはこだわっています。ジンギスカンは北海道から直送、出している肉は最上級の和牛、やっぱり和牛はうまみが全然違うからね。」

やっぱり楽だよね

八王子店は2007年3月20日、小作店は8月25日オープン。どちらも新しいお店。当社インフォタッチを採用頂いております。「ワールドアイさんからのご紹介、見積もりを見て富士通さんでお願いしました。故障やトラブルもないしね。管理システムや集計など、やっぱり楽だよね。あとタイムカードの管理も出来ると聞いているから対応したいね」

清潔感を出しています。
実は谷口和則氏の本業は型枠・外構・リフォーム工事一式などを行う会社の代表。今回のオープンではかなりのこだわりがあったようです。「壁は塗装です。壁紙じゃないんですよ。職人さんが全部塗って模様を出しているし、テーブルやいすを白いものにして清潔感を出しています。焼肉屋なんでね、どうしても店が油っぽくなってしまうし、油も飛んじゃうでしょう、だから掃除は手を抜きません」
個室やVIPルームもあり、仲間同士やデートで、そして接待にも十分使えるお店だと谷口和則氏は言います。お店の照明が灯ると、通りからはシンプルでありながらモダンで洗練された店内の雰囲気がうかがえます。当社のブラックタイプのインフォタッチパネルはお店のイメージ作りに一役買っていると感じた。
(富士通フロンテック:担当者)