実際に入社してからの業務内容

建築現場をマネジメントするポスト。現場所長兼管理職

実際に入社してから今まで担当してきた業務内容と中学・高校・大学で、学んだことや社会人として経験したことで役立ったこと

株式会社谷口実業:Rさん

建築現場をマネジメントするポスト、現場所長兼管理職として、社内では主に積算をしています。積算と言っても、概算と本積算に分かれ、前者はデーターでの金額算出、後者は工種別の数量を拾って、それを積上げる金額算出です。

作業所長としては、入社6年目ですが、既に6現場目の作業所長を現在進行中です。現場所長の役割としては、簡単に言えば、工程、原価、安全、品質管理を行うことが、
一般的ですが、冒頭に建築現場をマネジメントすると記載しましたのは、工程、原価、安全品質管理のどれか一つ欠けても、またすべて出来ても、トータルのバランス良く組み立てていなければ、良い建物は出来ません。このバランスを上手く調整しながら、現場をマネジメントすることが、この仕事の醍醐味であり、やりがいのある仕事と思い現在に至っています。建築物は一品生産であり、立地条件などの条件に左右されることが大きいです。

人間、全て上手くいくことはありませんが、成功も失敗も良い経験と思い、日々精進しております。