実際に入社してからの業務内容

大工としては、図面を見て枠を拾い、絵を書き、寸法を入れなど多数

実際に入社してから今まで担当してきた業務内容と中学・高校・大学で、学んだことや社会人として経験したことで役立ったこと

株式会社谷口実業:Sさん

入社から22年
型枠大工の親方として14年間現場就労につき、その後は谷口実業の社員として、今に至ります。

大工としての仕事内容としては、図面を見て枠を拾い、絵を書き、寸法を入れ、枠として作り、現場に持って行き、枠を図面どおり建て込み、その枠にコンクリートを流し込み、マンション・学校・ビルの躯体が完成する流れです。

現在では、社会敷地内で加工パネル専門の部署ができ、パネル加工作成の仕事に付いています。

学生時代は、仲間意識と協調性を学びました。